キャバドレスがオススメの理由

華やかな衣装

ドレス。普段は目にすることの少ないその衣装は華やかなイメージを私に持たせます。

 

私は日常生活で実際にドレスを着た女性を目にしたことは滅多にありませんが、テレビドラマやインターネットなどのメディアを通じて見ることは多々あります。

 

そもそもドレスというものは、身分の高い人々が着ているイメージしかありません。
昔でいうヨーロッパなどの貴族等の階級の人々です。

 

一般庶民から、常に羨望の目を向けられていたに違いありません。
現代では、一般の人々は結婚式くらいしかドレスを着る機会はないのではないでしょうか。

 

およそ人生で一度きりの結婚式。その人生の晴れ舞台で着るドレスは華やか、そして煌びやかそのものです。
真っ白なウェディングドレスは清さを想像させ、神聖さに息を詰まらせます。
その舞台にために、どのようなドレスを選ぼうか迷うことのできる女性は、非常に贅沢な特権を持っていると思います。
自分も女性に生まれて、ドレスを着るという至福を味わってみたかった、、、とさえ思うほどです。真っ白なドレスだけではありません。
個人的に私は、真っ黒なドレスも好きです。

 

小悪魔を連想させる真っ黒なドレス、美しい女性がそれを着る姿を想像するとたまりません。
最後にまとめると、ドレス、それは女性をさらに美しく見せる最上の洋服であると思います。

着る機会が少ないからこそ感じるドレスの魅力

私はブライダルのモデルをしているので、他の女性よりもドレスを着る機会が多いのですが何回着てもテンションが上がります。
様々なデザイン、カラーがあってたくさんのブランドからも今はドレスが出ていますね。
毎回着る度にお姫様になれたような、実際に結婚式をしたいなぁという気持ちになります。
ドレスに合わせたメイクやヘアメイクも普段するメイクや髪型とは全然違うので楽しいです。
ドレスはいつでも女の子の憧れですよね。
実際に着ることで結婚への現実味が増します。
あと、実際に着たことがある方はわかると思うんですが、ドレスってすっごく重くて着るのも着ているのも大変なんですよ。

 

でもその重厚感とドレスの繊細さで着ていると女性に生まれてよかったなぁと思わせてくれます。
姿勢も自然とピシッとしますし、着ている間は夢物語のヒロインのような気分になります。
ドレスショーをやって見に来てくれた女性は自分が着ていなくても、私たちモデルが着ているドレスを見て目をキラキラさせて「素敵でした!」「綺麗でした!」「可愛かったです!」と声をかけてくれます。
すごく嬉しいですし、女性陣はみんなドレスに憧れがあるんだと思います。
普通に生活していたら一生に一度、ましてや着る機会がない人もいると思います。
特別感があるからこそドレスは魅力的なんだと思います。

おお、見事にシンデレラ!

私は男性なので、もちろんですがドレスを着用したことはありません(笑)。しかし、大学時代に舞台経験がありその際に衣装としてドレスを扱った機会はたくさんありました。はじめは自分には無関係な衣類でしたので無関心でしたが、一度自分の演出で一本芝居を取り行った際は自分が中心となり演者に合わせたドレスをあれこれ考案したものでした。その際に素敵なドレスというのは着ている人を見事に輝かせる魅力があるのだな、と思ったわけです。

 

例を上げるとするならば、やや身長が低めの女性でもスラリと見せることが出来るものだと思いましたね。低身長の女性が舞台に乗ったのを客席後方から見てみると、言い方はよくないかもしれませんが、ちょっと映えないかな、と思うことも往々おにして起こってしまいます。そこで、やや装飾品の多いドレスを着てもらうと、ドレスの全体的なふんわり感も手伝ってか一回りくらい大きく見え、あっという間に見映えするのですね。素敵でした。多くの少女や女性が、ドレスに憧れるのがよくわかったように思います。

 

程よい広がりと程よい装飾品(あまりごちゃごちゃ飾ってしまうのは逆にドレスだけが悪目立ちしてしまうのでよくありませんんが)のドレスによってそれを着た女性はあたかもシンデレラがかけてもらった魔法にかかったかのように変身してしまいます。これがやっぱりドレスの一番の魅力であると無知ながら私は思います!

非日常性と憧れ

ドレスと聞いて思い浮かべるイメージは何でしょうか。花嫁が着るウェディングドレス、お姫様が着るプリンセスドレス。
そこには大きなリボンに繊細なレース、細やかな刺繍に煌びやかな装飾が施された、永遠の女性の憧れです。

 

ドレスの一番の魅力は、その非日常性だと思います。
今の日本でドレスを着て生活している人は、きっといないでしょう。

 

なぜならそれは日常の衣服ではなく、特別な日、特別な立場の女性のみに着ることが許された服装だからです。

 

場合によってはドレスは正装であり、それを着ることが礼儀とされるケースも多々あります。

 

例えば皇室の新年祝賀の儀では、女性皇族は全員もれなくドレスをお召しになります。
成人を迎えられるときも同様です。それは非日常とともに、格式の高さを表しています。

 

私が最後にドレスを着たのは、自分自身の結婚式のときです。女性なら誰しも一度は、ウェディングドレスを着た自分を想像したことがあるのではないでしょうか。

 

結婚式では自分が主役です。
お気に入りのドレスを選定し、アクセサリーからメイクまで、隈なく自分の理想を貫くことができます。
周りの皆が賞賛の声をかけてくれて、ドレスを着れる瞬間は、自分がお姫様になれる特別な時間なのです。

お気に入りのドレスを見つける

お気に入りのドレスを見つけるには色々なドレスショップを見て回って見つけるしかありません。
スマホがなかった時代だとわざわざ店舗に行ってドレスを探さなければいけませんでしたが、今ではネットでいろんなお店を比較することができます。

 

そんな時に役立つのがキャバドレスショップ通販のまとめです。
ここではネット上にある人気キャバドレスショップをたくさん紹介してくれていますのできっとあなた好みのショップが見つかるでしょう。
一度探してみてはいかがでしょうか??